お母さんヤバイかもしれない
意識がないヤバイかもしれない

震えながら必死に連絡してきた



箱根の事故から1ヶ月

うんぞう(次男)に残されたものは多額のバイクローンと心と体の傷

1ヶ月前は犬ブログ参加だけなので詳しい内容は書きませんでしたが
ちらっと触れてます⇒☆


大事故だったためその後も色々とあった
 巻き添えをくい転倒してしまったうんぞう
骨に異常はなかったものの打撲がひどくて今でも膝を曲げられない
精神的な心の傷も大きく、もぬけの殻のように過ごした1ヶ月

息子たちが乗ってたのは1200ccの大型バイク
息子はビビリーなためカーブは60キロしか出せないが
走り屋さん達は120キロを超える猛スピードで
カーブを曲がるらしいい
サーキットにも出てるから自身もあったのかな?
あの日もあっという間にカーブに消えて見えなくなったらしい
楽しいはずのツーリングだったはずが・・・・


 
事故を起こした方の保険会社から
容赦なくどういう事故だったんだと連絡が入ってくる
まるで加害者?とでも言いたいのかと思うほどだ

大事故になってしまった人の後ろを走ってたうんぞうは
大破したバイクから漏れたオイルにより転倒
タイヤにはべっとりオイルが付いていた

はっきり言って巻き添えを食らった被害者だ

仲間思いのうんぞうはそんなことは一言も言わなかった

警察に聴いて下さいと何回もお願いしても
警察ではなにも教えてくれないので聞いていると言われた

それならば何故?
うんぞうの連絡先を知っているのは警察とあちらの親だけだよ


警察は教えてくれないならどこで電話番号聞いたの?
誰が教えたのかは定かではないが
一言くらい電話番号教えてもいいかと確認してもいいのでは?




目の前で友達が亡くなって自分も怪我しながら
何時間にも渡る事情聴取


足を引きずりながらうんぞうはできる限りのことをしてあげたようだ
道路は冷たくてかわいそうだからと自分のジャケットを敷いて
バッグを枕代わりにしてあげた
バッグとジャケットに付いた大量の血が
事故の凄まじさを物語ってた
うんぞうの私物なので家に持って帰らされた
見るのも辛いがお線香をあげて処分させた
それしか私にはわからなかったのだ


お友達のご両親はこの事を何も知らない
警察もそこまで詳しくはご両親に説明してないようだ


バイクを通して知り合った仲間なので母である私も面識はない



何処にも怒りをぶつける事はできないうんぞう
心の格闘は相当なもんだっただろう


ちょと弱っちいけどお友達もたくさんいて
お母さんには似ないで優しい青年に育ってくれた



もうそれだけでいいよ





id_p_0910_000860.gif




ところがどっこい最近になり異常なポジティブ精神を持つ
母の血
がうまく?出てしまったようで


「スピードが出る大型は怖いから乗らないよ
だから220ccのスクーターにするからお金かして」


id_p_0910_000870.gif


そんな立ち直り方せんでええわーーー




001_20131107102514903.jpg 



バイクなんか二度と乗るな!


と怒鳴りたいが

精神も肉体も弱ってる息子には母は弱しだったのだ
ただのバカ親じゃんねえ



01_20131107102519c58.jpg



でんでんだってくちゃくちゃにされたり
ごちょごちょにされたり
いろんなことされても耐えて癒してあげたのにね





ポチして頂けると励みになります
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村



バイク乗りさんてやんちゃってイメージがあったけど
普段は真面目なサラリーマン
しかも有名大学出てエリートさんが多いんです
うんぞうの仲間はうんぞうを省き超エリートでビックリこんです

バイクを愛する皆さん
スピード出しすぎないで元気に楽しく乗って下さいね
スピード出してもいいのはサーキットだけですからね
関連記事
スポンサーサイト